人生フルコース~時間とお金は使いよう~

多趣味だっていいじゃない!一度きりの人生、とことん楽しみたい!

新環境、懲りずにヴェルズ【ヴェルズがCS準優勝!?Ⅱ】

 

どうも、おうかです。

前回の記事の続き、リンクモンスターたちに触れましょうか。

前記事はこちら↓

hobbiesohka.hatenablog.com

もう少し種類が出るまで調べなくてもいっかーと怠慢していた自分恨みます。

wikiと睨めっこですよ、ほんと...

 

まず、リンク召喚発表の際に注目されていたトークン生成カードから

≪スケープ・ゴート≫の採用がされてますね。いやはや懐かしい。

速攻魔法

このカードを発動するターン、自分はこのカードの効果以外ではモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚できない。

(1):自分フィールドに「羊トークン」(獣族・地・星1・攻/守0)4体を守備表示で特殊召喚する。 このトークンはアドバンス召喚のためにはリリースできない。

 プロモのパラトークンが高かったなぁなんて老害発言を絡ませながら懐かしさに吐血しそうです。そりゃ年も取る...

召喚制限のデメリットはあるものの、速攻魔法なので基本的には問題無し、アドバンスのため以外にしか使用しないので制約も問題無し。

基本的にリンクはこのカードからの展開なのでしょう。

 

で、採用されているリンクモンスターのテキストが何一つ分からないので一緒に勉強していきましょう...みんなでやれば怖くない。

 

リンク・スパイダー

プロキシー・ドラゴン

ミセス・レディエント

電影の騎士ガイアセイバー

デコード・トーカー

星杯戦士ニンギルス

 

...多いっっっ!!!!

 

めげないっっっ!!!!

 

はい、順番に見ていきます!なにもわかんない!ガイアはどうせバニラなんだろ!!!!!

 

前提として、トークンとリンクモンスターの裁定に関してみましょう。

 【Question】 リンク召喚の素材として、トークンやモンスターカードとなった罠カードなどを使えますか?

 

【Answer】 呼び出したいリンクモンスターの素材の条件(効果モンスターであるなど)を満たしている場合、トークンやモンスターカードとなった罠カードをリンク素材としてリンク召喚することができます。

墓地へ送れないので裁定待ちだった奴ですね。これは問題ありません。

そもそもこれが駄目だったらこの記事の必要もないし、リンクについての勉強なんてしなk(((

 

あと、基本的な知識として、”トークンは通常モンスター扱い”

これはゲームとしてのルールなのでリンク条件が効果モンスターだった場合は使用できない、ということです。

 

一体ずつ、効果など見ていきましょうか...

 

≪リンク・スパイダー≫

リンク・効果モンスター

リンク1/地属性/サイバース族/攻1000

【リンクマーカー:下】

通常モンスター1体

(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。 手札からレベル4以下の通常モンスター1体をこのカードのリンク先に特殊召喚する。

 えっと、まず、リンク1で通常モンスター1体なので、羊トークンかヘリオ先輩で出ます。逆に、他のモンスターじゃ出せない。

バニラのトークンを効果モンスターにする枠。

”手札にヘリオ先輩がいたら召喚権使わないでだせるよ”以上。

 

次。

 

≪プロキシー・ドラゴン≫

リンク・効果モンスター

リンク2/光属性/サイバース族/攻1400

【リンクマーカー:左/右】

モンスター2体

(1):自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊される場合、 代わりにこのカードのリンク先の自分のモンスター1体を破壊できる。

 カード破壊から守れるYO!はい。キービートル的な子ですね。

ヴェルズ消費しないで出せるのは強いや...しかもカードって書いてあるし裏でも良いのか。マーカーは左右なのでそこは注意ですね。

 

1回他のリンク作ってからでないと出したくないけど、スケゴ展開なら有力ですね。

 

≪ミセス・レディエント≫

リンク・効果モンスター

リンク2/地属性/獣族/攻1400

【リンクマーカー:左下/右下】

地属性モンスター2体

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 フィールドの地属性モンスターの攻撃力・守備力は500アップし、 風属性モンスターの攻撃力・守備力は400ダウンする。

(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合、 自分の墓地の地属性モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを手札に加える。

地属性は羊トークンだけなのでスケゴ展開限定ですね。

...?なにに使うんだ...?ん?

打点...?かな?

現状、リンクは地属性が多いので、ガイアかニンギルス絡めたワンキルするには必要ですね。

3100or3000+1900+(ヴェルズ2体)で確定ライン。

ただし、リンク3なのでスケゴだけではキルできない...ニンギはそもそも出せない...

 

≪電影の騎士ガイアセイバー≫

リンクモンスター

リンク3/地属性/機械族/攻2600

【リンクマーカー:左/右/下】

モンスター2体以上

 バニラ。打点。ただし、リンク3。

マーカーは左右下なので比較的どこに出しても優秀。

レディエントねぇさんで3100まで打点伸びる。以上。

 

≪デコード・トーカー≫

リンク・効果モンスター

リンク3/闇属性/サイバース族/攻2300

【リンクマーカー:上/左下/右下】

効果モンスター2体以上

(1):このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの数×500アップする。

(2):自分フィールドのカードを対象とする相手の魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、 このカードのリンク先の自分のモンスター1体をリリースして発動できる。 その発動を無効にし破壊する。

 またもリンク3。しかも効果モンスターが必要。最大打点は3800。ただし相手の場も必要なのでワンキル考えるなら3300が基本打点ですかね。

効果モンスター3体は中々に重いけど決めにいくときとか打点不足には救世主。

だんだん打点の暴力にリンク見てるの楽しくなってきたぞー!

 

下の効果は、またもやカード指定。

対象限定ですが、無効→破壊まであるので良いですね。

こいつもプロキシーと同じリンク先2回なのは代わりありませんが、左右と違い最初に置かないと効果が使えないのはネックですね。基本的にはオピオン置きたいので...

 

≪星杯戦士ニンギルス

リンク・効果モンスター

リンク3/地属性/戦士族/攻2500

【リンクマーカー:左/上/右】

リンクモンスター2体以上

このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動する。 このカードのリンク先の「星杯」モンスターの数だけ、自分はデッキからドローする。

(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。 自分及び相手フィールドのカードを1枚ずつ選んで墓地へ送る。

(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。 手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

 星杯?なんぞや?と思ってたけど必要なのは(2)の効果だけですね。

相手が星杯ならワンチャンドローできますね()

EXゾーンに出すことなんて果たしてあるのかは別として...

はい。スクドラですね。破壊への耐性や無効に対して関与できて、効果の処理なので対象取らない。マスターPは倒せないんですけどね...

ついでに一応地属性。条件がリンクモンスターなのでデコードくんよりさらに条件がきびっしぃ。

除去がそんなに強くないヴェルズにはいい仲間ではあります。

 

なんだかんだ条件が厳しい、と思ってもスケゴからプロキシーやスパイダー経由で出せちゃったりできそうですね。

もともとワンショットするデッキではありませんが、打点は高いのでさくっと取れる試合も増えそうです。

 

ずっと大好きなテーマが直接的な強化も無いまま、このような実績を残したのはとても喜ばしいことです。

オピオン自体のポテンシャルは真竜のようなデッキばかりにならない限り輝き続けると思っています。

ファンはいるものの考えてる人工が環境デッキに比べとても少ないのでこういった新しい構築に出会えたのは幸せ者です...ほんとに...仲良くなりたい...

 

私の凝り固まった思考にリンクが追加されて、これからもこの子たちとやっていこうと思えたのでよい収穫でした。

今回はカードの紹介ばかりでしたが、場面想定の展開なんかも検討できればいいなと思ってます。

 

それではでは!

 

ことの始まり...

 

hobbiesohka.hatenablog.com