人生フルコース~時間とお金は使いよう~

多趣味だっていいじゃない!一度きりの人生、とことん楽しみたい!

新環境、懲りずにヴェルズ【ABC編】

 

おはよーです。おうかです。

昨日は恐竜竜星サイバースについて続きを書いていたのに

気づいたらユニオン格納庫が~とかわけわからんこと言ってたので真竜で一旦切りました。良い判断!さすが私!

 

ユニオンについて語りたいようなので今日は対ABCです。

対策だけでみさせろって人は下までスクロール!←たいしたこと言ってないよ()

このデッキが全盛期のころ丁度離れていたので、フィールド魔法ブームの環境は全く分からないのです。

今日はそんな私のために、基礎から説明しちゃいます。

 

まず、ベースの三体。AくんとBさんとCちゃん。

共通効果から

(1):1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。

●自分フィールドの機械族・光属性モンスター1体を対象とし、 このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。 装備モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。

●装備されているこのカードを特殊召喚する。

 簡単に砕くと、

・機械・光に装備or解除で特殊。

・戦闘・効果破壊での身代わり付与。

ユニオンによくあるやつですね。

 

ここからも似たような効果の一部置換です。

(2):装備モンスターは相手の(モンスター・魔法・罠カードの)効果を受けない。

(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。 (モンスター毎の固有効果)。

 順番にいきましょう。

 

”A-アサルト・コア” 攻1900/守 200

・相手モンスターの効果拒否を装備付与

・場から墓地行きで自身以外のユニオンサルベージ

 

”B-バスター・ドレイク” 攻1500/守1800

・相手魔法の効果拒否を装備付与

・場から墓地行きで自身以外のユニオンサーチ

 

”C-クラッシュ・ワイバーン” 攻1200/守2000

・相手罠の効果拒否を装備付与

・場から墓地行きで手札からユニオン特殊

 

みんな有能そうな効果が沢山付いてていいなーヴェルズにも…(ry

 

で、7月の改訂で帰ってくるキーカード。

”ユニオン格納庫”ですね。こいつが良いテキストしてんだ、うらやましいぃ

フィールド魔法
「ユニオン格納庫」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
デッキから機械族・光属性のユニオンモンスター1体を手札に加える事ができる。
(2):1ターンに1度、自分フィールドに機械族・光属性のユニオンモンスターが召喚・特殊召喚された場合、そのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターに装備可能で、カード名が異なる機械族・光属性のユニオンモンスター1体をデッキから選び、そのモンスターに装備する。
この効果で装備したユニオンモンスターは、このターン特殊召喚できない。

 つよい(確信)

テラフォ、盆回しから能動的に持ってこれる万能サーチ。

発動→サーチ→通常→効果でデッキから装備…ずるじゃん。

これだけで融合素材2種集まりますね。割る手段あってCちゃん持ってくれば完成かよ!!

はー、やだやだ。これだから現代遊戯王は()

ドラバスに反応させれば耐性付き+スペ2の除去大型のかんせーい!わーい。死。

 

一応ゴールのドラバスくんテキストも載せましょうか。

融合・効果モンスター 星8/光属性/機械族/攻3000/守2800

「A-アサルト・コア」+「B-バスター・ドレイク」+「C-クラッシュ・ワイバーン

自分のフィールド・墓地の上記カードを除外した場合のみ、 エクストラデッキから特殊召喚できる。(「融合」は必要としない。)

(1):1ターンに1度、手札を1枚捨て、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを除外する。 この効果は相手ターンでも発動できる。

(2):相手ターンにこのカードをリリースし、 除外されている自分の機械族・光属性のユニオンモンスター3種類を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。

 霊獣みたいな効果まで付いてる…もういや…

で、でもオピオンいたら出てこないもんね!まだ頑張れる。まだ戦える。

 

”格納庫+金or銀ガジェ”か”格納庫+トランスたたたーん”で先行展開だった。

ま、まあ、後続はそんなに強いわけではなさそうなのでここからようやく対策編。

 

まず、モン効果での除去は比較的なさそう。オピオン退かした後の展開のために

・墓地の肥やし

・エクシーズ(今後はリンク)での展開

はしてくるでしょう。

こちらとしては断固としてオピオンを守る必要があります。

厄介なのは、後者の展開。エクシーズは不明な領域からの墓地送りで効果の誘発にはもっていけないが、リンクとなると話は別だ…ドラバスの対象が墓地も含んでいるのに+墓地へ送るだけでモンが湧くのはちょいとつらい。

デコードでリンク1体でもいたら2800に殺される。

 

今期は禁じられた聖杯の採用をしようと思う。

基本的に打点のラインが2800で除去が魔法罠のほうが優位なら、汎発と禁じられたの構えで広範囲を見れると思ってる。

 

~個人的な聖杯の評価~

有効な妨害札。殴りに行くタイミングでオピオンの効果を生かしておくタイミングの少なさと相手への妨害に関してはかなりよさそう。

効果自体はアドに繋がりづらい。

手札誘発の採用も悩むところがある。うさぎにうらら。最近は有能なカードが多くてこまる。

でも今回注目したいのは400のパンプなのでしばらくは聖杯で様子見。

 

ドラバスはバハム噛ますと残ライフがオピオンライン切るので安全に戦いやすくなると思います。

 

3枚だけの対策じゃ不安な要素も多いので、前回のサイクロン系と今回の聖杯に加えて、ベースの対策でなんとかなるかもよ、今期。

そして、次回は恐竜竜星+αについて。

3デッキ踏まえたうえでメインデッキの構築をお話しましょう。

 

今日はここまで!またあしたー。